投資

誰でもできる投資で億万長者に!『33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由』を読んだ感想

こんにちは、本好きべちまる(@bechimaru)です。

今回紹介する本は井上はじめさんが書いた『33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由』。

私はこの本を読んで、低収入な私でも億万長者になれるかも!と衝撃が走りました…!

この手の本はたくさんありますが、元手が必要な場合やリスクが高い場合がほとんどで中々実践できるものが少ないのですが、この方法なら簡単で手間も取られずに始められるので株初心者にもおすすめな投資法となっています。

井上はじめさんの半生と共にわかりやすく読みやすい内容の本です。

こんな人におすすめ!

  • 将来のお金が不安な人
  • 億万長者になりたい人
  • 投資に興味がある人

『33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由』の内容を紹介(ネタバレ有)

結論から言うと、著者の井上はじめさんは投資信託と不動産投資で約1億円の資産を築いたなんです!

でもそれまでに様々な経験をされていて、

・交通事故で半身不随になったことをきっかけに会社に甘えず自立したいと思うように。
・様々な副業にチャレンジしたが尽く失敗。
・事故から社会復帰までに2年半がかかりこの間は貯金で暮らす。

という壮絶な体験をされています。

それでも、会社に甘えず自立したいと奮闘した結果、投資信託と不動産投資で約1億円の資産を築くことができたんです。

投資信託で世界経済に投資する

実は、交通事故後から社会復帰まで貯金を削って生きていた井上さん。

そのお金2000万円以上こそが投資信託であげた利益なんです。

著者の井上はじめさんは大学生の頃に読んでいた新聞で『人口が増えれば世界のGDPも増える』という記事を見つけます。

日本は少子高齢化が進んで人口が減ると言われていますが、世界の人口はどんどん増えていることを知り、井上さんは世界経済に投資することにしたんです。

社会人になってから毎月10万円のお金を世界経済へ投資し、リーマンショック時もコツコツ積み立てたことで景気回復したときにドンっとお金が増えたわけです。

結果的には、井上さんは2007年から2019年の間で3600万円以上投資信託で資産を築いています。

感想:投資信託でこんなに多くの資産が築けるんだという驚き

著者の井上さんがおすすめしている投資信託は長期的な目線で資産を築いていくものなので、正直、投資信託で5〜10年の期間でこんなに利益が出せるのだと驚きました。

しかも、月1回運用成績を記録するだけで基本的にほったらかしで投資のことに詳しくなくてOK。

毎日忙しい社会人にはおすすめの投資方法です。

そしてリーマンショック時にも世界経済へ投資できた井上さんの精神力は本当に凄いしそれと同時にコツコツ積み立てることの凄さも実感できた内容でした。

井上さんは人生を変えたいなら毎月10万円など大きなお金を動かすべきだと本に書いてあります。

収入が多くない私にとって毎月10万円は結構な大金ですが、共働き夫婦だと比較的貯めやすくなる額だと感じました。

井上さんは大きなお金を毎月投資したほうがいいと言われていますが、個人的には少ない額から投資に慣れるという意味でも挑戦してもいいと思います。

私は今は少額でつみたてNISAでの運用になるので、時期を見て毎月の額をあげていく予定です!

不動産投資で家賃をタダにする

大の節約家の井上さんは、家賃をタダにしたい!という思いから不動産について勉強をし始めます。

独学ではなくファイナンシャルアカデミーというスクールに通って熱心に勉強したようです。

家賃をタダにしたい理由は、資産を築くためにも家賃は毎月の支出の中でも大きなお金だからどうしても節約したかったんです。

井上さんは数々の物件情報を見て、内見し、初めて購入したのは280万円のマンションの一室。

ボロボロだったそのマンションをリフォームし家賃6.5万円で賃貸に出すとすぐに契約が決まりました。

節約家の井上さんはリフォームでもかなりの節約をし、その方法も本書に細かく書いてあります。

その後も駅近で格安のアパートやマンションを購入し節約してリフォームする方法でいくつかの不動産投資に成功しています!

感想:素人でも不動産投資ができるかもしれない

不動産投資といえば、お金持ちの人がやるものだと思っていましたが、この本を読んで少し不動産投資のハードルが下がったように思います。

もちろん著者の井上さんはすごく勉強されて物件を見る目を養ったので、なんとなくで始めるものではないと思うのですが、リフォームの節約方法なども書かれていて、全く無知の私でも不動産投資がどういうものかわかりやすかったです。

井上さんはマイホームを検討するときに不動産の勉強を始めたので、私もマイホームの購入時に勉強したいと思うまでになりました…!

まとめ

私は会社勤めが続かなかったり、今後も不安定な働き方をしていくと予定なので将来のお金については不安が絶えませんでした。

でも月収22万円という至って普通な収入の著者と似た境遇だったこともあって、33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由を読んで将来のお金の不安やマイホーム問題とも向き合っていけると確信しました。

まずは投資信託で資産を築いていきたいと思います!

以上、べちまる(@bechimaru)からでした〜!

関連記事派遣の貯金事情をリアルに話す。5つのステップで楽しく貯金を始めよう

ABOUT ME
べちまる
暮らしを大切にするために好きなことをすると決めたクリエイター。 働き方を見直して現在は派遣×複業というワークスタイルで生きています。 イラスト・デザイン・ブログをメインに楽しく活動中。 お仕事依頼も受け付けております!
ウェブマガジン始めました!

もっと自分の好きなことに目を向けるため
暮らしの好きを育てるウェブマガジン
Liferish(ライフリッシュ)』を始めました!

ゆるく運営中なのでご気軽にどうぞ〜〜!

Liferishへ行く