生い立ち

どうも〜〜!べちまる(@bechimaru)です!

読んでいる方にありのままを知ってもらいたい!そう思って生い立ちを赤裸々に書いてみました。

べちまるのこともっと知りたい!と思ってくれた方はぜひ読んでみてください〜〜????

べちまるの基本情報はこちらからっ

ABOUT この度は『yurutto』に訪問して頂きありがとうございます! このページでは『yurutto』に対する思いや、私...

絵と本とパソコンが大好きだった幼少期

覚えていないくらい小さい頃から絵が描くのが大好きな子でした。

裏が白い広告に、いっつもお絵描きするのが幼少期の遊びの定番!

周りも絵を描く友達が多くて、漫画を描いてみんなで見せ合ったりしたことも。と言っても、もう漫画は描けないと思うんだけどw

本も大好きで。漫画から始まり、雑誌、小説、と色々読んでました。今思えば、小さい頃から家に本がいっぱいあったし、小学校中学校高校と朝読書する時間があったから、自然と好きになっていたのかもしれない。

小6になるとスマホやケータイもないからパソコンを使ってチャットで友達と連絡を取るように。

夜になるとパソコンを開いて友達と一緒にチャット。

このチャットのお陰でタイピング速くなりました!!!!ありがとう!!!

この頃はブログも流行っていたと思う。私もどんなタイトルだったか忘れたけど、ブログをやってました。と言ってもほとんど日記だったんだけど。今ブログを始めて楽しく続いているのは、きっとこの頃も好きだったからだと思う。

今やりたいと思っていることは、実は幼少期からやってたんだなあ〜

吹奏楽に熱中した中学時代

中学生になると、吹奏楽部に所属。トロンボーンを吹いていました。

その頃は吹奏楽が大好きで。3年間部活漬けの毎日。部活ない日が退屈だった!

音楽も吹奏楽曲を聞いていました。iPodの再生回数ランキング上位は全部吹奏楽の曲だったw

コンクールにも出させてもらいました。うちの学校は県大会までは行けるレベルで、バリバリの強豪校でもなかったので、私が出たものは最高でも県大会で銀賞程度でした。(吹奏楽は金賞、銀賞、銅賞があり、すべての学校にいずれかの賞が与えられる。金賞だけが次の大会に出られるのだけど、金賞でも次の大会に出られないダメ金になる場合も。)

夏のコンクール、マーチング、アンサンブル。全部楽しかったな〜〜!

3年生になるとソロをやらせてもらったり。目立つことが好きじゃなかった割に楽器を持つと楽しくステージで吹いてました。

ステージに立つ楽しさが懐かしい。

勉強はそれなりに頑張っていたので、地元で一番の進学校へ進学。

勉強漬けの高校時代

私の通っていた高校は国公立大学を目指すような進学校でした。

高校へ入ってすぐに、え〜受験とは〜〜みたいな話があったのを今でも覚えているくらい。衝撃だった(笑)

テストや模試も頻繁にあり、夏休み冬休みの課題の量はとてつもなかった。友人たちは地方からわざわざこの学校へくるような頭のいい子ばかりで、みんな比べものにならないくらい成績も良かった。

中の下くらいの順位だったのが嫌で、めちゃくちゃ勉強してたw

いい大学に行くことが全て!!みたいな感じだったなぁ〜

今思えば、周りにそんな大人しかいなかったような気もするし、友人も自分もそうだと思っていたんじゃないだろうか??

必死になって勉強するも受験では一番下の滑り止めの大学にしか受からず。人と違うことをするのが嫌だった私は浪人もしたくなかったのでその大学へ進学。

心の変革期だった大学時代

勉強漬けだった高校生活。大学に進学するのは正直ワクワクドキドキ!ではなかった気がする。受験に失敗したことを引りずりながら入学。

だけどこの挫折は私にとって必要だったと思う。

大学に通っていると仲のいい友人が出来た。

この友人は、自分の思っていることや考えを人よりずば抜けて理解していた。

その子が自己啓発本やビジネス本、ブログを読んでいて私も同じように読むようになった。自己啓発本やビジネス本、ブログに書いてある考えや思いは自分の周りにはないようなものばかりでとても新鮮でした。

そのおかげで私も自分のことをしっかり考えて言葉にできるようになっていったんです。

本を読んでいくうちに好きなことを仕事にする働き方があるというのもこの頃初めて知った。こんな風に働きたい!と思うように。

大学では自分を見つめ直すことができて、いい大学に行くことがすべて!!!!と囚われた考えからようやく解放された。

心のモヤっとしてた、生きづらいなあ〜って思っていたことが友人や本、ブログのお陰でスッと抜けた気がします。

この大学時代は本当に今の自分を作っている変革期だったな〜と思います。もし、いい大学に受かってたら今までと何も変わらなかったかもしれないし、とてもいい経験だった。

バイトで向き不向きを知る

大学生の時はいろんなバイトをした。

一人暮らしだし、お金ないしで始めたバイトは接客のバイト。

もちろん、長くは続かず。理由は接客がめちゃくちゃ苦手だったから!

人並みにはできると思う。だけど家に帰ると死んだように寝てたし、疲弊消耗という言葉がぴったりで全然向いてなかった。だから接客業している人は本当にすごいと思うしめちゃくちゃ尊敬してます。

製造のバイト。これは向いていて、長時間やっていたけど、全然平気だった。

というのも、黙々と、淡々とする作業が好きだったし、接客とは違って人と話すことも少ないのでストレスもあまりなかった。

好きなことを仕事にしてみたい!と思ってはいたものの、勇気がなく行動できなかったので、バイトの経験から製造業の会社に就職。

働く、社会人

新卒で働き出して1年経ちました。

職場の雰囲気も明るく、みんな仲良くしてくれるとてもいい職場です。

仕事は嫌いではなかったし、人間関係も良好。だけど、将来のことを考えると資格やスキルもなかったし、何よりこのまま一生この仕事をするのかぁと考えると不安が大きかった。

だから就活の時に動けなかったことを思い出して、今度は色々動いてみることにした。ブログや本をさらに読むようになり、セミナーにも行ってみたり、コミュニティーに入ったり。

一定の額のお金がお給料として入るようになり経済的にも自立して生活ができるようになって、ずっとやってみたかったデザインの勉強を始めることに。(2018.7)

今ではデザイン、イラスト、ブログとやりたいことがいっぱいになりましたw

暮らしを大切にできる働き方を目指して思い切って2019年4月に1年間お世話になった会社を退社しました!

まずは1年間という期限を決めてフリーランスという形で働いてみます。

やりたいことに挑戦する。しっかりと土台を作っていきます。

最後に。

最後まで読んでくれて有難うございます。べちまるの生い立ちは以上になります!

もっともっと自分らしく、自分のペースで。そして好きなことを仕事にする。

暮らしを大切にするために好きなことを仕事にしたい私にとって大きな挑戦です。

応援してくださると嬉しいです!!

生い立ちを読んで少しでもべちまるに興味が出てきたならブログにも遊びに来てください!待ってます!

(そして、ブログのこと褒めてくれればめちゃめちゃ励みになります!笑)

よろしくお願いします〜〜!

ではでは、以上べちまる(@bechimaru)からでした〜〜!