働き方を考える

ゆるく働く。自分らしくいるためのコツと考え方。

こんにちは、べちまる(@bechimaru)です。

べちまる

もう少しゆとりを持った働き方をしたい

働き出してから残業や日々の業務の忙しさに圧倒されて、そう思うようになりました。

今では、自分のペースでゆるく好きなことで働くをモットーに無理せず働いています。

今回は、ゆるく働きたい人に向けて自分らしくいるためのコツや考え方をお伝えします。

こんな人におすすめ!

  • ゆるく働きたい人
  • 働くストレスを少しでも減らしたい人

ゆるく働くとは?

ゆるく働くことは、時間・仕事でゆとりが保てることと私は考えています。

人それぞれちょうどいい『ゆとり』があると思います。

時間でのゆとりだと、定時で帰られるのがちょうどいい人もいれば、週3で働くことでゆとりを確保できるという人もいます。

仕事でのゆとりだと、激務から解放されたい、毎日少しだけ休憩できるような仕事量がいい、などです。

人それぞれ違うので、自分の暮らしに合った『ゆとり』を確保できる働き方がゆるく働くことに繋がると思います。

らび

おれは仕事のゆとりが欲しいな〜

べちまる

私は時間と仕事の両方ともゆとりを確保したよ〜

ゆるく働くメリット

ゆるく働くことのメリットは、やっぱり余裕が生まれることです。

ストレスが減る

今までゆとりがなくて、自分らしくいられなかった分のストレスが圧倒的に減ります。

プライベートでの時間で、ストレス解消にあてる時間が少なくなるのもいいですよね。

べちまる

一番嬉しいよね!

充実感を持てる

仕事や暮らしに充実感が持てます。

働く時間は1日の中でも多いので、1日の満足度も高くなります。

充実感が持てると言うことは、自分らしく働けている証拠ですよね。

気持ちや時間に余裕が生まれる

気持ちや時間に余裕が生まれます。

そのおかげでプライベートにも余裕ができるようになりました。

忙しくて暮らしを蔑ろにしていた頃に比べると、家事ができるようになり部屋が綺麗になりました。

また、趣味の時間も確保できるようになりました!

ゆるく働くデメリット

ゆるく働くことでのデメリットは個人的にはほとんどありません。

個人的にあげるなら1つ。

ゆとりを確保したことで収入が減る場合についてになります。

収入が少なくなる場合がある

今までよりゆとりを確保する分、収入が少なくなる場合がほとんどです。

特に、時間でのゆとりを確保したいなら覚悟は必要です。

私もゆるく働くことを求めた結果、月5万円ほど収入は減りました。

ゆるく働くために転職活動するなら、お金の計算をしっかりやっておく必要があります。

収入が減った場合、副業でバランスをとる方法もあります。

副業するなら好きなことを選ぶのがおすすめ。

好きなことだと楽しくできるので、続けやすいですよ〜!

ゆるく働くための2つのコツ

らび

ゆるく働きたーい!

べちまる

それなら、コツを伝授しよう!

今の職場でも実践できることもあると思うので、転職前に一度試してみるのもおすすめですよ〜!

無理しない

無理しないようにすることが大事です。

私は真面目な性格だった分、意識的に無理しないようにしました。

仕事の内容によりけりだとは思いますが、

  • 納期は余裕を持って伝える
  • 残業しないを徹底する
  • 無理なお願いは断る、または妥協点を見つける

を意識的にやっていきました。

特に、『残業しないを徹底する』は周りの人から認識をしてもらえるので、残業を押し付けられることは無くなります。

『無理なお願いは断る、または妥協点を見つける』は、無理しない範囲で仕事をするために必要です。

ですが、全部断っていると、自分が逆の立場になったときに助けてもらえなくなる可能性もあるので、お互いの妥協点を見つけて対処する方法もおすすめです。

自分基準を持つ

ゆるく働き続けるためには自分基準を持つことです。

自分基準とは『ここまでしたらしんどくなる』を理解しておくことです。

例えば、「残業は月○時間以上はしないようにする」などです。

人間関係ならば、飲み会の頻度やお昼ご飯を一人で食べる頻度などもありますね。

自分基準を持つことで日々の頑張りすぎを調整できるようになります。

ゆるく働くを実践する順序

ゆるく働くを実践する順序

  1. 今の会社で『ゆるく働くための2つのコツ』を実践する
  2. 転職が必要なら1ヶ月にかかる生活費を計算
  3. 転職活動する

ゆるく働きたいと思ったら、まずは今の職場で実践してみてください。

実践してみて、うまくいかなかったりこのままだと働くのがキツいと思うなら、転職活動をするステップに進みます。

ゆるく働くには収入が減ることを前提として考えて、1ヶ月にかかる生活費を計算してください。

必要最低限の生活費でもいいですが、暮らしやすくするために余裕を持った金額で計算するのもいいでしょう。

その後、転職活動をします。

お金の心配をしたくなければ、今の会社に在籍している間に転職活動をするのがおすすめです。

どんな働き方が合っているかわからない人は下の記事を参考にしてみてください!

働き方の種類から考える。あなたはどんな働き方をして生きていきたい? こんにちは、べちまる(@bechimaru)です。 私は正社員になってから初めて『自分はどんな働き方をしたいんだろう?』と真剣に...

まとめ

まとめ

  • ゆるく働くことは時間・仕事にゆとりが保てること
  • ゆるく働くことで余裕が生まれる
  • ゆるく働きたいならまずは今の職場で実践してみてから転職活動する

私はゆるく働くことで、楽しくて充実した日々を送れるようになりました。

ぜひ参考にしてみてください。

以上、べちまる(@bechimaru)からでした〜!

関連記事残業20時間ってつらい…働いてみて感じた生活と心の変化

関連記事私が派遣を選んだ理由は自由度の高さ。自分に合った働き方で楽しい毎日に!

ABOUT ME
べちまる
暮らしを大切にするために好きなことをすると決めたクリエイター。 働き方を見直して現在は派遣×複業というワークスタイルで生きています。 イラスト・デザイン・ブログをメインに楽しく活動中。 お仕事依頼も受け付けております!
ウェブマガジン始めました!

もっと自分の好きなことに目を向けるため
暮らしの好きを育てるウェブマガジン
Liferish(ライフリッシュ)』を始めました!

ゆるく運営中なのでご気軽にどうぞ〜〜!

Liferishへ行く